朝日杯フューチュリティSのデータ分析

こんにちは

今週末に行われる、2歳牡馬のG1朝日杯フューチュリティSのデータ分析です

今回から阪神競馬場に舞台が移りますので

若干注意が必要かなとは思いますが

それではデータ分析です





・朝日杯フューチュリティS 2014/人気データ
1番人気 (2-1-4-3)
2番人気 (4-1-1-4)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (1-2-2-5)
6番人気 (0-1-0-9)
7~9人 (1-1-1-27)
10人以下(0-1-0-66)


・朝日杯フューチュリティS 2014/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2004年/1530円・1560円(2-3-1)
2005年/2500円・1680円(2-5-1)
2006年/3750円・2020円(2-7-1)
2007年/8290円・23810円(3-10-4)
2008年/1960円・2580円(2-5-1)
2009年/ 590円・1820円(1-2-5)
2010年/4990円・8830円(5-4-2)
2011年/1520円・8540円(1-4-8)
2012年/1560円・4530円(7-1-3)
2013年/7710円・27430円(4-6-5)


・朝日杯フューチュリティS 2014/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-1-0-1)
2.0~2.9倍 (1-0-2-1)
3.0~3.9倍 (2-0-1-1)
4.0~4.9台 (0-0-1-2)
5.0~6.9倍 (4-3-1-6)
7.0~9.9倍 (1-1-1-10)
10.0~14.9倍(1-2-3-12)
15.0~19.9倍(0-1-1-5)
20.0~29.9倍(0-2-0-18)
30.0~49.9倍(1-0-0-18)
50.0~99.9倍(0-0-0-23)
100倍以上  (0-0-0-30)


人気・配当
1番人気は(2-1-4-3)、2番人気が(4-1-1-4)と上位人気は
まずまず堅実ですが、中穴の好走が多く配当は比較的高めです。
馬券に絡んだ最低人気は10番人気。
11番人気以下、単勝50倍以上は3着以内に来ていませんので
極端な穴馬は狙いにくい感じですね。







・朝日杯フューチュリティS 2014/前走データ
東京スポーツ杯2歳S(4-2-2-12)
京王杯2歳S(2-4-1-32)
デイリー杯2歳S(0-1-2-11)
いちょうS(0-0-1-2)
札幌2歳S(0-1-0-1)
福島2歳S(0-0-0-8)
アイビーS(0-0-0-0)
500万下(3-2-4-40)
未勝利・新馬(0-0-0-7)


・朝日杯フューチュリティS 2014/前走着順別データ
前走重賞・OP特別
1着  (4-3-4-24)
2着  (0-3-2-17)
3着  (1-1-0-5)
4着  (1-0-0-10)
5着  (1-0-0-5)
6~9着(0-1-0-13)
10以下(0-0-0-6)

前走500万下
1着  (3-2-4-31)
2着  (0-0-0-9)


・朝日杯フューチュリティS 2014/前走人気別データ
前走重賞・OP特別
1番人気 (5-2-3-15)
2番人気 (1-2-1-8)
3番人気 (0-1-1-13)
4番人気 (0-1-0-8)
5番人気 (0-2-1-6)
6~9人 (1-0-0-21)
10人以下(0-0-0-9)

前走500万下・新馬・未勝利
1番人気 (2-1-2-11)
2番人気 (0-0-1-8)
3番人気 (0-1-0-6)
4番人気 (1-0-0-6)
5番人気 (0-0-1-8)
6~9人 (0-0-0-5)
10人以下(0-0-0-3)


前走・前走着順・前走人気
前走重賞・OP特別だった馬は前走3着以内が良い傾向。
前走4着以下だった馬は、当日人気サイド。



前走人気のデータを見てみると…
前走6番人気以下で(1-0-0-30)と苦戦。
勝った1頭は2010年グランプリボスで前走京王杯2歳S勝ち




前走500万下ローテは(3-2-4-40)と好走馬が多数出ています。
前走1着馬が馬券になっており、2着以下は(0-0-0-9)。
さらに、当日7番人気以内が良さそうです。







・朝日杯フューチュリティS 2014/前走距離データ
1200m(0-0-0-20) 0.0% 0.0% 0.0%
1400m(2-6-2-56) 3.0% 12.1% 15.2%
1600m(4-1-6-25) 11.1% 13.9% 30.6%
1800m(4-3-2-22) 12.9% 22.6% 29.0%
2000m(0-0-0-3)  0.0% 0.0% 0.0%


前走距離
前走1200mでは(0-0-0-20)なので割り引き。





・朝日杯フューチュリティS 2014/前走馬場データ
前走芝(9-10-10-120)
前走ダート(1-0-0-7)


前走馬場
前走ダートだった馬で勝ったのは
昨年のアジアエクスプレス。




・朝日杯フューチュリティS 2014/間隔データ
連闘(0-0-0-3)
2週(0-0-2-13)
3週(5-0-1-19)
4週(2-4-2-40)
5週~9週(2-5-5-45)
10週~25週(1-1-0-7)
半年以上(0-0-0-0)


間隔
間隔2週以内は連対なし。

△間隔2週以内
(0-0-2-18)



以上、朝日杯フューチュリティSのデータでした。

[朝日杯フューチュリティSデータまとめ]
×11番人気以下
(0-0-0-57)
×単勝50倍以上
(0-0-0-53)
△関東馬で当日8番人気以下
(0-0-1-32)
×前走重賞・OP特別で4着以下且つ当日5番人気以下
(0-0-0-32)
△前走重賞で6番人気以下
(1-0-0-30)
×前走500万下で2着以下
(0-0-0-9)
×前走500万下だった馬で当日8番人気以下
(0-0-0-31)
×前走新馬・未勝利
(0-0-0-7)
×前走1200m
(0-0-0-20)
△間隔2週以内
(0-0-2-18)


《ポイント》
人気サイドはまずまず堅実なものの、中穴の好走が
多く高配当が出ているレースです。
11番人気以下、単勝オッズ50倍以上の大穴はは
来ていません。

また、関東馬、前走4着以下、前走500万下だった馬
などは当日人気を確認。

この他、前走人気や前走距離、間隔でも割り引きと
なるデータがありますのでチェックすると良さそうです。



今秋のG1は1番人気が勝てていません

これはなんと19年ぶりだそうで、

じゃあ、19年前はというと、

この朝日杯で1番人気が勝って、連敗を止めたそうです

さて、今年はどうなる事でしょうか






4年間負けなし 的中率66.6% 回収率132.5%の脅威のロジック





スポンサーサイト

comment

コメントする

Secret