桜花賞のデータ分析

さあ、いよいよ桜花賞です

桜花賞は牝馬クラシックの第一弾。


クラシックの中でも、穴馬の好走があり波乱傾向のレースですね。


コースは2007年から新装された外回りを使用しています。



・桜花賞 2015/人気データ
1番人気 (3-4-0-3)
2番人気 (3-3-0-4)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-0-4-6)
6番人気 (1-0-0-9)
7~9人 (1-0-1-28)
10人以下(1-1-3-84)


・桜花賞 2015/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2005年/ 1220円・ 8440円(2-1-10)
2006年/ 1550円・ 3810円(6-1-5)
2007年/ 270円・ 2830円(3-1-7)
2008年/196630円・778350円(12-15-5)
2009年/ 640円・ 2480円(1-2-5)
2010年/ 1440円・ 8500円(1-3-11)
2011年/ 620円・ 1480円(2-1-4)
2012年/ 1850円・ 5110円(2-4-3)
2013年/ 3300円・102860円(7-2-14)
2014年/ 370円・ 1310円(1-2-5)


・桜花賞 2015/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (2-1-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-0-2)
3.0~3.9倍 (1-2-0-2)
4.0~4.9台 (2-1-0-1)
5.0~6.9倍 (1-0-0-6)
7.0~9.9倍 (0-2-2-5)
10.0~14.9倍(1-2-2-13)
15.0~19.9倍(1-0-0-8)
20.0~29.9倍(0-0-3-13)
30.0~49.9倍(1-0-1-26)
50.0~99.9倍(0-1-2-23)
100倍以上  (0-0-0-50)


人気・配当
穴馬の好走が多く荒れるG1ですが、1~2番人気は
まずまず堅実ですね。
2008年以外は、どちらかは3着以内に来ています。

10番人気以下も馬券になっていますが、単勝100倍以上の
超大穴は来ていません。




・桜花賞 2015/所属データ
美浦(3-2-5-63) 4.1% 9.8% 13.7%
栗東(7-8-5-85) 6.7% 14.3% 19.0%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%


所属
関西馬が優勢。
穴馬も関西馬が多い。

8番人気以下の成績
関東馬(0-1-0-45)
関西馬(1-0-3-59)

関東馬で連対した1頭は、新潟2歳S勝ちがあった
2008年エフティマイア。




※外回り変更後の2007年以降
・桜花賞 2015/枠データ
1枠(0-0-0-16)
2枠(0-0-1-15)
3枠(0-0-0-16)
4枠(2-1-0-12)
5枠(3-0-2-11)
6枠(0-1-2-13)
7枠(1-3-2-18)
8枠(2-3-1-18)


・桜花賞 2015/馬番データ
1番 (0-0-0-8)
2番 (0-0-0-8)
3番 (0-0-1-7)
4番 (0-0-0-8)
5番 (0-0-0-8)
6番 (0-0-0-8)
7番 (1-0-0-6)
8番 (1-1-0-6)
9番 (2-0-1-5)
10番(1-0-1-6)
11番(0-0-2-6)
12番(0-1-0-7)
13番(0-0-1-7)
14番(0-2-0-6)
15番(1-1-1-5)
16番(0-1-0-7)
17番(0-0-1-7)
18番(2-2-0-4)


・桜花賞 2015/脚質データ
逃げ(0-1-0-7)
先行(2-1-2-23)
差し(3-3-3-61)
追込(3-3-3-28)


枠・馬番・脚質
以前はゴチャつき紛れが多く、外枠断然不利のコースでしたが、
馬場改修により改善され、直線も長くなったことにより、
能力を発揮しやすいコースとなりました。

桜花賞ではゴチャつく内枠より、外の方が良い傾向です。




・桜花賞 2015/キャリアデータ
2戦以内(0-1-0-2)  0.0% 33.3% 33.3%
3戦  (1-2-0-10) 7.7% 23.1% 23.1%
4戦  (6-3-2-24) 17.1% 25.7% 31.4%
5戦  (2-1-3-34) 5.0% 7.5% 15.0%
6戦  (1-2-4-38) 2.2% 6.7% 15.6%
7戦  (0-0-1-21) 0.0% 0.0% 4.5%
8戦  (0-1-0-7)  0.0% 12.5% 12.5%
9戦  (0-0-0-8)  0.0% 0.0% 0.0%
10戦以上(0-0-0-5)  0.0% 0.0% 0.0%


キャリア
勝ち馬はキャリア3戦~6戦。
7戦以上は(0-1-1-41)と苦戦傾向。




・桜花賞 2015/前走データ
重賞(9-9-9-115)
├チューリップ賞(6-3-4-28)
├フラワーC(1-2-1-9)
├フィリーズR(2-0-2-51)
└クイーンC(0-3-2-14)

OP特別(1-1-1-32)
├エルフィンS(1-1-0-2)
└アネモネS(0-0-1-23)


・桜花賞 2015/前走着順別データ
前走重賞
1着  (4-7-3-23)
2着  (2-0-3-25)
3着  (2-0-1-19)
4着  (1-0-0-5)
5着  (0-0-1-8)
6~9着(0-2-1-15)
10以下(0-0-0-20)

前走OP特別
1着  (1-1-1-13)
2着  (0-0-0-9)
3着  (0-0-0-1)
4着  (0-0-0-2)
5着  (0-0-0-2)
6~9着(0-0-0-2)
10以下(0-0-0-3)


・桜花賞 2015/前走人気別データ
前走重賞
1番人気 (4-3-3-19)
2番人気 (2-3-0-13)
3番人気 (0-1-1-16)
4番人気 (1-0-1-5)
5番人気 (1-1-1-8)
6~9人 (1-0-3-32)
10人以下(0-1-0-22)

前走OP特別
1番人気 (0-1-0-7)
2番人気 (1-0-1-7)
3番人気 (0-0-0-5)
4番人気 (0-0-0-2)
5番人気 (0-0-0-1)
6~9人 (0-0-0-7)
10人以下(0-0-0-3)


前走・前走着順・前走人気
前走重賞だった馬は(9-9-9-115)と、大半を占めます。
基本的に、前走人気だった馬、好走馬が良い結果を
残しています。
前走10番人気以下、10着以下は割り引き。
前走10番人気以下で連対した1頭は2008年のエフティマイア。



前走OP特別は(1-1-1-32)。
前走2番人気以内、1着馬なら狙えそうですが、
アネモネS組は苦戦傾向。





・桜花賞 2015/前走着差データ
負け1.0秒以上(0-0-1-23)


前走着差
1秒以上負けていた馬は連対がありません。




・桜花賞 2015/前走距離データ
1200m以下(0-0-0-11) 0.0% 0.0% 0.0%
1400m  (2-0-2-54) 3.4% 3.4% 6.9%
1600m  (7-8-7-73) 7.4% 15.8% 23.2%
1800m以上(1-2-1-11) 6.7% 20.0% 26.7%


前走距離
前走1200mだった馬は3着以内がありません。





・桜花賞 2015/前走馬場データ
前走芝(10-10-10-145)
前走ダート(0-0-0-4)


前走馬場
前走ダートだった馬の出走は少ないですね。




・桜花賞 2015/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-1-1)
3週(1-2-0-22)
4週(2-0-3-71)
5週~9週(7-7-6-47)
10週~25週(0-1-0-7)
半年以上(0-0-0-1)


間隔
間隔3週以内で馬券になったのは人気サイド。
当日7番人気以下で(0-0-0-18)



以上、桜花賞のデータでした。

[桜花賞データまとめ]
×単勝100倍以上
(0-0-0-50)
△関東馬で当日8番人気以下
(0-1-0-45)
△6番より内
(0-0-1-47)
△キャリア7戦以上
(0-1-1-41)
×前走重賞で10着以下
(0-0-0-20)
△前走重賞で10番人気以下
(0-1-0-22)
×前走OP特別で2着以下
(0-0-0-19)
×前走OP特別で3番人気以下
(0-0-0-18)
△前走アネモネS
(0-0-1-23)
△前走着差負け1.0秒以上
(0-0-1-23)
×前走1200m
(0-0-0-11)
×間隔3週以内で当日7番人気以下
(0-0-0-18)


《ポイント》
桜花賞は荒れるイメージですが、1~2番人気は
まずまず堅実で単勝4.9倍以内に支持された馬が
良さそうです。

穴馬は、重賞3着以内の実績がある実力馬、関東馬より
輸送のない関西馬に多く見られます。

前走着順や着差、前走人気も要チェック。
前走重賞で10着以下・10番人気以下、前走OP特別は
2着以下、3番人気以下が苦戦傾向。
また、前走着差1.0秒以上負けだった馬も割り引き。

キャリアや枠順も確認すると良さそうですね。


大荒れか平穏か、両極端なレースですね

さて、今年は1頭強そうな馬がいますが

どのような結果になるのでしょうか?



私の軸馬予想は夜アップします


ぜひご覧ください



スポンサーサイト

comment

コメントする

Secret